このサイトについて

当サイトでは、懐かしのテレビゲームから最新のテレビゲームまで世代を超えたゲーム情報をご紹介しております。
「あのゲームはいつごろ発売したの?」「ファミコンってどんなゲームだったの?」気になる情報をチェック!

ゲームの歴史

1983年
任天堂の「ファミリーコンピュータ」(通称:ファミコン)が発売される。
1985年
任天堂から『スーパーマリオブラザーズ』が発売。世界一の売り上げを誇るアクションゲームであり、不朽の名作となる。
1986年
エニックスから『ドラゴンクエスト』が発売される。
1987年
スクウェアから『ファイナルファンタジー』が発売される。スクウェア最後の作品となる予定だったためタイトル名に「ファイナル」がついた。
1988年
エニックスから『ドラゴンクエストIII そして伝説へ…』が発売される。売上本数は380万本を記録し、社会現象となる。
1989年
任天堂から「ゲームボーイ」が発売される。
1990年
セガから「ゲームギア」が発売される。
1990年
任天堂から「スーパーファミコン」が発売される。
1991年
カプコンから『ストリートファイターII』が発売される。格闘ゲーム人気の火付け役となる。
1992年
任天堂から『スーパーマリオカート』が発売される。
1992年
エニックスから『ドラゴンクエストV 天空の花嫁』が発売される。
1992年
スクウェアから『ファイナルファンタジーV』が発売される。
1994年
セガから「セガサターン」が発売される。
1994年
ソニー・コンピュータエンタテインメントから「プレイステーション」が発売される。
1994年
任天堂から『ポケットモンスター 赤・緑』が発売される。
1996年
任天堂から「NINTENDO64」が発売される。
1997年
スクウェアから『ファイナルファンタジーVII』が発売される。
2000年
ソニー・コンピュータエンタテインメントから「プレイステーション2」が発売される。
2000年
スクウェアから『ファイナルファンタジーIX』が発売される。
2000年
エニックスから『ドラゴンクエストVII エデンの戦士たち』が発売される。出荷本数は400万本超となり日本でのプレイステーションの歴代記録1位を樹立した。
2001年
任天堂から「ゲームボーイアドバンス」が発売される。
2001年
任天堂から「ニンテンドーゲームキューブ」が発売される。
2002年
マイクロソフトから「Xbox360」が発売される。
2004年
任天堂から「ニンテンドーDS」が発売される。
2004年
ソニー・コンピュータエンタテインメントから「プレイステーションポータブル」(PSP)が発売される。
2006年
ソニー・コンピュータエンタテインメントから「プレイステーション3」が発売される。
2006年
任天堂から「Wii」が発売される。
2008年
任天堂から「ニンテンドーDSi」が発売される。
2011年
任天堂から「ニンテンドー3DS」が発売される。
2011年
ソニー・コンピュータエンタテインメントから「Playstation Vita」が発売される。
2012年
任天堂から「Wii U」が発売される。

Xbox360

“Xbox 360(エックスボックス サンロクマル)は、マイクロソフトが2005年に発売した家庭用ゲーム機。
Xbox 360は、Xboxの次世代機種で、開発コード名はXenon。名称の「360」は360度全方向のエンターテインメント体験を意味するとされる。北米では2005年11月22日、欧州では12月2日、日本では12月10日に発売。略記には「X360」などがある。ハイビジョンに対応し、1920×1080までの解像度、走査方式はインターレースに加えてプログレッシブでの出力が可能となった。また、ゲームサウンドにおいてはドルビーデジタル5.1chサラウンドとリニアPCM2.0chステレオに対応する。エントリーモデルとしてハードディスクなどを省略したコアシステムが、欧米ではスタンダードモデルと同時に発売され、日本ではスタンダードモデル発売から約1年後の2006年11月2日に発売された。エントリーモデルは後にメモリーユニットと数本のゲームソフトを同梱したXbox 360 アーケードに切り替えられ、アメリカでは2007年11月18日に発売、日本でも2008年3月6日に発売された。
2007年3月28日にはHDMI端子と120GBのハードディスクを搭載した上位モデルXbox 360 エリートが発表され、アメリカでは同年4月29日に、日本では2007年10月11日に発売された。エリートはスタンダードモデルやコアシステムと異なり、本体やコントローラーが黒を基調としている。
2010年6月24日には250GBのハードディスクを搭載した新型モデルXbox 360 Sを発売。プロセッサをJasper CPU65nm GPU65nmからValhalla CPU/GPU統合45nmに変更、本体とアダプターが小型軽量化されている。これらの変更に加え、Xbox 360 S以前の機種で問題となっていた熱暴走対策のためにヒートシンクの変更等も行われている。エリート同様、黒を基調としたデザインであるが、つや消しマットブラックから、光沢あるピアノブラックに変更されている。新型機発売により従来のXbox 360 エリートが29800 円[税込]から24800円[税込]に、Xbox 360 アーケードが19800 円[税込]からオープン価格にそれぞれ価格改定された。2010年9月9日には4GBのデータ保存機器が内蔵されているXbox 360 4GBを発売。Xbox 360 S本体は、250GBハードディスクモデルのものと同じ性能で、価格は19800円[税込]となっている。本体のデザインは250GBモデルとは異なり、Xbox 360 エリートと同じつや消しマットブラックとなっている。2013年6月11日に行われた『E3 2013』でXbox 360 Eを発表。北米では同日に発売を開始した。Xbox 360 E本体はXbox Oneのデザインを準じると共に、サイズや動作音などを改良。従来のモデルと価格は変更せずに販売。日本での発売は同年9月19日予定[7]。ラインナップは『Xbox360 250GB』、『Xbox360 4GB』、『Xbox360 4GB + Kinect』の三つとなっている。”