このサイトについて

当サイトでは、懐かしのテレビゲームから最新のテレビゲームまで世代を超えたゲーム情報をご紹介しております。
「あのゲームはいつごろ発売したの?」「ファミコンってどんなゲームだったの?」気になる情報をチェック!

ゲームの歴史

1983年
任天堂の「ファミリーコンピュータ」(通称:ファミコン)が発売される。
1985年
任天堂から『スーパーマリオブラザーズ』が発売。世界一の売り上げを誇るアクションゲームであり、不朽の名作となる。
1986年
エニックスから『ドラゴンクエスト』が発売される。
1987年
スクウェアから『ファイナルファンタジー』が発売される。スクウェア最後の作品となる予定だったためタイトル名に「ファイナル」がついた。
1988年
エニックスから『ドラゴンクエストIII そして伝説へ…』が発売される。売上本数は380万本を記録し、社会現象となる。
1989年
任天堂から「ゲームボーイ」が発売される。
1990年
セガから「ゲームギア」が発売される。
1990年
任天堂から「スーパーファミコン」が発売される。
1991年
カプコンから『ストリートファイターII』が発売される。格闘ゲーム人気の火付け役となる。
1992年
任天堂から『スーパーマリオカート』が発売される。
1992年
エニックスから『ドラゴンクエストV 天空の花嫁』が発売される。
1992年
スクウェアから『ファイナルファンタジーV』が発売される。
1994年
セガから「セガサターン」が発売される。
1994年
ソニー・コンピュータエンタテインメントから「プレイステーション」が発売される。
1994年
任天堂から『ポケットモンスター 赤・緑』が発売される。
1996年
任天堂から「NINTENDO64」が発売される。
1997年
スクウェアから『ファイナルファンタジーVII』が発売される。
2000年
ソニー・コンピュータエンタテインメントから「プレイステーション2」が発売される。
2000年
スクウェアから『ファイナルファンタジーIX』が発売される。
2000年
エニックスから『ドラゴンクエストVII エデンの戦士たち』が発売される。出荷本数は400万本超となり日本でのプレイステーションの歴代記録1位を樹立した。
2001年
任天堂から「ゲームボーイアドバンス」が発売される。
2001年
任天堂から「ニンテンドーゲームキューブ」が発売される。
2002年
マイクロソフトから「Xbox360」が発売される。
2004年
任天堂から「ニンテンドーDS」が発売される。
2004年
ソニー・コンピュータエンタテインメントから「プレイステーションポータブル」(PSP)が発売される。
2006年
ソニー・コンピュータエンタテインメントから「プレイステーション3」が発売される。
2006年
任天堂から「Wii」が発売される。
2008年
任天堂から「ニンテンドーDSi」が発売される。
2011年
任天堂から「ニンテンドー3DS」が発売される。
2011年
ソニー・コンピュータエンタテインメントから「Playstation Vita」が発売される。
2012年
任天堂から「Wii U」が発売される。

スーパーファミコン

スーパーファミコン (SUPER Famicom) は、任天堂が1990年11月21日に日本国内で発売した家庭用ゲーム機である。
ファミリーコンピュータの後継機として発売された。発売当時のメーカー希望小売価格は25,000円。型番はSHVC-001(SHVCはSuper Home Video Computerの略)。雑誌などでよく見られる略記・略称はSFC(SUPER Famicomの略)、スーファミなど。欧米ではSuper Nintendo Entertainment System(スーパーニンテンドーエンターテインメントシステム)として発売された。発売されたハードウェアではソフトウェアの後方互換性はないものの、機器名称にはファミリーコンピュータの略称として広く親しまれたファミコンの語句を採り入れ、次世代機としての位置付けを明確にした。
ハードウェアのスペックとしては、16ビットCPU の搭載、32768色(15bpp)から選択可能な16色のカラーパレットと、それらのカラーを適用可能な16色スプライト、一画面あたり最大128個のスプライト同時表示、背景の多重スクロールと回転・拡大・縮小表示機能、ソニーのDSPによるPCM音源の採用など、カタログスペックとしては同時代の一線級のものを取り揃えている。これによりファミリーコンピュータと比べ、表示や音源の処理能力が格段に向上した。
コントローラは本体に2個同梱される付属品となり、本体前面に2つ設けられているコントローラコネクタに接続する方式となった。I・IIコントローラの区別はなくなり、コントローラの右側にあるボタンはA・B・X・Yの4つとなり、上部の左右にはL・Rボタンが追加された。内蔵マイクは廃止された。またコントローラコネクタは拡張端子の役割も兼ねていたため、ここに接続する様々な周辺機器も発売された。
ACアダプタ、RFスイッチ、75Ω/300Ω変換器はファミリーコンピュータと共通で、スーパーファミコン本体とは別売であった。RCAピンジャックやS端子を備えたテレビの場合は別売のケーブルにより接続することも可能であった。
2007年10月31日をもって、スーパーファミコン、NINTENDO64等の公式修理サポートを終了した。スーパーファミコンで発売された一部のゲームはWiiの配信サービスであるバーチャルコンソールでプレイすることが出来る。