このサイトについて

当サイトでは、懐かしのテレビゲームから最新のテレビゲームまで世代を超えたゲーム情報をご紹介しております。
「あのゲームはいつごろ発売したの?」「ファミコンってどんなゲームだったの?」気になる情報をチェック!

ゲームの歴史

1983年
任天堂の「ファミリーコンピュータ」(通称:ファミコン)が発売される。
1985年
任天堂から『スーパーマリオブラザーズ』が発売。世界一の売り上げを誇るアクションゲームであり、不朽の名作となる。
1986年
エニックスから『ドラゴンクエスト』が発売される。
1987年
スクウェアから『ファイナルファンタジー』が発売される。スクウェア最後の作品となる予定だったためタイトル名に「ファイナル」がついた。
1988年
エニックスから『ドラゴンクエストIII そして伝説へ…』が発売される。売上本数は380万本を記録し、社会現象となる。
1989年
任天堂から「ゲームボーイ」が発売される。
1990年
セガから「ゲームギア」が発売される。
1990年
任天堂から「スーパーファミコン」が発売される。
1991年
カプコンから『ストリートファイターII』が発売される。格闘ゲーム人気の火付け役となる。
1992年
任天堂から『スーパーマリオカート』が発売される。
1992年
エニックスから『ドラゴンクエストV 天空の花嫁』が発売される。
1992年
スクウェアから『ファイナルファンタジーV』が発売される。
1994年
セガから「セガサターン」が発売される。
1994年
ソニー・コンピュータエンタテインメントから「プレイステーション」が発売される。
1994年
任天堂から『ポケットモンスター 赤・緑』が発売される。
1996年
任天堂から「NINTENDO64」が発売される。
1997年
スクウェアから『ファイナルファンタジーVII』が発売される。
2000年
ソニー・コンピュータエンタテインメントから「プレイステーション2」が発売される。
2000年
スクウェアから『ファイナルファンタジーIX』が発売される。
2000年
エニックスから『ドラゴンクエストVII エデンの戦士たち』が発売される。出荷本数は400万本超となり日本でのプレイステーションの歴代記録1位を樹立した。
2001年
任天堂から「ゲームボーイアドバンス」が発売される。
2001年
任天堂から「ニンテンドーゲームキューブ」が発売される。
2002年
マイクロソフトから「Xbox360」が発売される。
2004年
任天堂から「ニンテンドーDS」が発売される。
2004年
ソニー・コンピュータエンタテインメントから「プレイステーションポータブル」(PSP)が発売される。
2006年
ソニー・コンピュータエンタテインメントから「プレイステーション3」が発売される。
2006年
任天堂から「Wii」が発売される。
2008年
任天堂から「ニンテンドーDSi」が発売される。
2011年
任天堂から「ニンテンドー3DS」が発売される。
2011年
ソニー・コンピュータエンタテインメントから「Playstation Vita」が発売される。
2012年
任天堂から「Wii U」が発売される。

PlayStation2

“PlayStation 2(プレイステーション2)は、2000年3月4日に発売された家庭用ゲーム機。略称はPS2。
発売元はソニー・コンピュータエンタテインメント。PlayStation (PS) の次世代機として開発され、日本では日付の語呂にあわせて2000年
(平成12年)3月4日に発売開始された。発売から3日で98万台の販売台数を記録。2005年11月には全世界で1億台の生産出荷台数を記録した。
なお、使用部品の性能の高さと安価性から「兵器転用の恐れがある」としてワッセナー・アレンジメントで輸出規制の対象となり、発売当初は話題になった。PSと同様に、ユーザー間では「プレステ2」「プレ2」と略されることが多いが、CMや自社製品内での記載では一貫して「PS2(ピーエスツー)」としている。発売当初の外観は初代PSの本体やコントローラのデザイン、VAIOシリーズのネーミング・ロゴデザイン、一部本体デザインなどを手掛けた後藤禎祐[6]により「地球から宇宙へのメッセージを発信する黒い箱」(モノリス)をイメージして作られている。極めて直線的な形によって、従来の家庭用ゲーム機に多い「横置き」と、発売時点では他にはPC-FXくらいしか例がない「縦置き」が出来るようになっている。なお、縦置きの際には転倒防止のため専用スタンド(別売り)を併用することが推奨されている。DVD-ROMドライブを搭載し、USBやIEEE 1394 (i.LINK) 端子といったパソコンと同じインターフェースも備える。USB端子はキーボードやUSB、マイクを利用したゲームなどに使用された。逆にUSB端子以外の使用頻度が低い端子は、本体の型番が上がるにつれて削除される傾向があった(#バリエーションを参照)。Graphics Synthesizerは4MBのDRAMをチップ内に形成している。従来は論理LSIとDRAMを同一チップ上に形成するのは製造プロセスの違いから難しいとされており、当時としては大容量のDRAMを用いたDRAM混載LSIの先駆け的存在となった。VRAM(混載DRAM)のバス幅を2560bitにすることで、48GB/sという発売時期からすれば常軌を逸したメモリ帯域を実現している。VRAMの帯域は次世代機のPlayStation 3と比較しても約2倍広く(PS3のVRAMのバス幅は128 bitで、メモリ帯域は22.4GB/s)、アルファブレンドのようなVRAM上の大量のピクセルの値を変更する処理においてはPS3よりも優れている。GPUにプログラマブルシェーダが搭載されていないため、非常に高速なVRAMの速度を活用し、半透明テクスチャを大量に重ね描きすることにより個性的なシェーダや特殊効果を実装するメーカーが多かった。このようなハードウェアの特異な構成により、ハードウェアの研究とソフトウェアの工夫によっては他社製のハードウェアでは実現できない特殊な処理が可能となった。その反面、特異なハードウェアを活かすために常にソフトウェア側に工夫が必要とされるため、開発が全体的に難しくなり、ソフトウェアの移植性に劣り、開発で得たノウハウが直接他のハードウェアで使えないという欠点があった。”